iDeCo(イデコ)商品は何を選ぶ?あなたはどのタイプは?

パパの節約術

元本確保型と元本変動型の2タイプ

iDeCo(イデコ)で選べる運用商品は、大きく分けると「元本確保型」「元本変動型」の2つに分かれます。

iDeCo(イデコ)ってどんな制度?って方はこちらを読んでから。

iDeCo(イデコ)のメリット・デメリット

とにかく損はしたくない!「元本確保型」

投資にはリスクがつきものとは言うものの、せっかく貯めたお金が減るのはイヤ!

そんな人は、基本的にはお金が減ることのな「元本保証型」を選びましょう。

「定期預金」や「保険」があります。
 ※選んだ金融機関や窓口によっては取り扱いのない商品もあります。

▫️定期預金

常の銀行預金と同じで、元本は保証されていて、お金が減るリスクはありません。

ただし、増えるのは定期預金の利息のみで、

超低金利時代の今、ほとんど資産の増加は見込めません。

しかし、iDeCo(イデコ)のメリットである“掛金の全額控除”による節税効果は大きいので、定期預金で始めてみるのも良いと思います。

おすすめの金融機関|イオン銀行(※みずほ銀行が提供するサービス)

▫️保険

保険会社でiDeCo(イデコ)の口座を解説した場合、元本確保型の保険商品を選ぶこともできます。

定期預金と同じように、元本が保証されています。

ただし、途中で解約すると、ペナルティにより元本割れするケースもあるので注意が必要です。

できるだけ資産を増やしたい!「元本変動型」

多少のリスクはあっても、将来受け取る額を少しでも増やしたい。

そんな方は、「元本変動型」商品を選びましょう。

▫️投資信託

リスクはつきものと考え、資産を増やそうと思うなら、「投資信託」で運用することになります。

それぞれの金融機関によって、様々な商品が用意されています。

具体的には、「国内株式型」・「国内債券型」・「海外株式型」・「海外債券型」・ 「REIT(不動産投資)などです。

一般的には、債券より株式の方がリスクが大きくなります。

その他にも、リスクを分散させた「バランス型」も用意されています。

そもそも投資信託というもの自体が、私たちから集めたお金を、運用のプロ(=ファンドマネージャー)が、株式や債券など複数に分散投資し、運用する商品のことになります。

結局、何を選べばいいの?

結論:とにかく始めてみる!

始めるときに決めた商品や銘柄は、途中で変更ができるので、とりあえず始めてみるのがオススメです。

iDeCo(イデコ)の配分変更やスイッチングについて

若いときにiDeCoを始めて、運用期間が長くなるほど、お得になります。

ただし、商品や銘柄の変更は可能ですが、金融機関の変更は書類による手続きが必要になります。

取り扱い商品の多い金融機関を選んで、口座開設するのもポイントのひとつです。

iDeCo(イデコ)の商品選びの3つのポイント

資金に比較的余裕があり、老後資産を積極的に貯めたいという方には、iDeCo(イデコ)の特徴を最大限有効に活用できる「インデックス型ファンド」をおすすめします。

人気ユーチューバーのあっちゃんも勧めてました。(中田敦彦のYouTube大学−NAKATA UNIVERSITY)

【お金の授業総まとめ①】計16冊のお金の本を読み込んだ中田の結論は?

テスト

Wise、旧TransferWise: オンライン海外送金 | 国際的な銀行業務
銀行の海外送金では多額の手数料が課金されますが、私たちは最低限の手数料で送金を可能にします。早く、安価で、カンタンに送金。

コメント

タイトルとURLをコピーしました