【外国免許切り替え(外免切替)の体験談5】〜番外編(費用、練習方法など)〜万全の準備で一発合格!

外国で取得した運転免許証を日本の運転免許証に切替える。通称「外免切替」

妻がついに外免切替を目指す。

ベトナムの免許を取り始めてから早一年。

ついにここまできた。

日本での手続きを順を追って解説。

ご参考までに。

  1. 必要書類の確認
  2. 面接・適性試験
  3. 知識の確認(学科試験)
  4. 技術の確認(実技試験)
  5. その他の情報(教習所での練習、費用など)←最終回‼︎

外免切替体験談シリーズも最終回。

今までに話してこなかったポイントや気になる費用について記載します!

教習所での事前練習

結果的に、私たちは一発合格を勝ち取ることは出来ませんでした。

日本特有の安全確認をマスターするために、事前に、地元の教習所で50分の練習を5回行いました。

さらに、試験直前には試験場横の教習所で50分間練習して臨みました。

その甲斐あって、安全確認は問題なかったと思います。

しかし、初めてのコースで交差点での優先道路がわからず、直線での速度不足で不合格になってしまいました。

教習所のコースと違って、試験場内のコースは広くいくつもの交差点があります。

交差点を全て徐行していてはスピードが出せるはずがありません。

大抵の試験場では、外周道路が一番。その次に、複数車線の直線道路があると思います。

優先道路と一旦停止箇所、徐行箇所は事前に確認しておいたほうが良いでしょう。

また、今回行った教習所での練習は無駄ではなかった感じています。

結局、2回目の試験で合格出来ましたし、
2回目の試験の前には、もう一度教習所に通って練習を行いました。

一回の練習は、50分程度で短く、料金が五千円ほどかかるので安くはありません

しかし、何度も試験を受けるより、確実に効率が良いと思います。

交通費などを考えれば、金銭的にも教習所へ数回通った方が安上がりかもしれません。

なにより、日本独特の
1(ルームミラー)
2(サイドミラー)
3(巻き込み確認)
の安全確認や幅寄せのタイミングなどは、誰かに教えてもらわなければ習得は難しいと思います。

何度も受験しても合格できないと、精神的にも辛いと思います。

そんな方は、“急がば回れ”の精神でお近くの教習所へ行って見ることをお勧めしておきます。

外面切替に必要な費用

次に、ベトナムの免許を取得してから日本の免許へ切替えが完了するまでの費用について記載します。

基本的な試験手数料などの料金は下のとおりです。

 項 目  料 金
受験手数料  2,550円
免許交付手数料  2,250円
住民票の写し発行手数料  350円
外国免許証の日本語翻訳
(JAF,翻訳料金+返送料)
 3,500円
 合 計  8,650円

その他に私たちの場合、教習所での練習費用や試験場までの移動交通費などが必要でかなりの額になってしまいました。

その他の費用
 項 目  料 金
教習所での練習
(50分×6回)
 35,000円
試験場への旅費
(2往復×2人)
 38,400円
宿泊費
(2泊×2人)
 16,000円
 合 計  89,400円

ベトナムでの免許取得費用が約5万円程度でしたので、全て合計すると
「148,050円」となりました。

日本で一から免許を取得すると、教習所料金が20万円以上必要ですので、約5万円ほど費用が抑えられたかな?と思っています。

最後に

妻の外面切替をサポートして感じた事として、
費用は若干安く抑えられましたが、私たちが2回の試験で合格できたのは、運がよかった部分もあると思います。

実際、10回試験を受けても合格しない方もたくさんいらっしゃるようです。

ゼロから日本の免許取得を考えられている外国人の方は、日本の教習所に通って取得する方が安心かもしれません。

IMG_3712

コメント

タイトルとURLをコピーしました