ベトナム人妻と40歳からはじめる農業

長崎県壱岐島で40歳から新規就農を目指す記録

農業

久しぶりの“農業”投稿。 本来、農業を始める過程を記録するブログだったはずが、 ベトナム人妻をもらったことで、ベトナムネタばかりになっていました。 今年、令和元年は、新規就農の予定なのでそろそろ本腰を入れていかねば。 ということで、昨年実験したトマトの隔離ベ
『【トマトの隔離ベッド栽培実験2年目】穴あきポット定植とインタープランティングに挑戦』の画像

農業を始めることを考えたとき、まず何の作物を作るか思い描くだろう。 どの作物が儲かるの? どんな基準で選べばいいの? 私の場合、「施設園芸によるトマト栽培」を始めようとしている。 それはどうなのかをもう一度整理してみる。 地域の土質・気候に適したもの

①スーパー地場産品コーナーおよび地元直売所 <メリット>  販売手数料が安い  販売数が自由に調整できる <デメリット>  販売数が安定しない  売れ残り品を引き取りにいく必要がある 名 称販売手数料 JA壱岐市アグリプラザ四季彩館調査中 スーパーバリュー

つづきトマトの隔離ベッド栽培実験中隔離ベッド栽培床の概要潅水が面倒臭いので、自動化してみた。12vバッテリーで稼働する小型ポンプをスイッチングタイマーでON/OFFできるようにした。6/8(定植後59日目)中玉トマトが赤くなって、収穫できるようになった。肝心の味は、、
『トマトの隔離ベッド栽培実験 その2収穫時期』の画像

目次 島中どこでもメロンプロジェクトとは 島のメロン生産の現状 目標設定とスケジュール クリアすべき課題 試験栽培の様子 島中どこでもメロンプロジェクトとは 島中どこでもメロンプロジェクトとは、 『メロンがいつでもどこでも食べらる夢の島』 をコンセプトに、自
『島中どこでもメロンプロジェクト発足』の画像

↑このページのトップヘ