私の彼女はベトナム人。
外国人技能実習生として来日中に、日本で知り合う。
現在、実習期間終了してベトナムで生活中。
結婚後、日本で一緒に暮らす予定。


前回、ベトナム人との国際結婚のいくつかのパターンを説明しました。

私たちの場合、
  • 私(男)は日本人、彼女はベトナム人
  • 出会いは日本(技能実習生として来日中)
  • 現在は実習終了してベトナムへ帰国
  • 手続きは“日本方式”を選択

他の方の結婚情報サイトをみていて感じたのは、

日本、ベトナムのそれぞれの地域(役所)によって詳細が微妙にちがう、ということ。

法整備等によって、だんだん細かいところが変化している。

最新の情報で、出来ればお住いの地域の役所で事前に確認することをオススメします。

今回は、“日本方式”での大まかな流れと必要書類についてメモします。

日本方式の流れと必要書類
 流れ必要書類
①ベトナムで書類を取得する
(配偶者側)
(a)独身証明書(婚姻状況証明書)
(b)国籍証明書(パスポートで可)
(c)出生証明書
(d)戸籍謄本

②日本の市役所へ書類を提出する上記(a),(b),(c),(d)と
婚姻届を届出て、
(e)婚姻届受理証明書を発行してもらう 

③ベトナム本国へ結婚を届け出る
上記(e)と
(f)戸籍謄本(日本人側)
それぞれの日本語訳をつけて公証を受けたものを届出し、
(g)結婚証明書を発行してもらう

④入国管理局で配偶者ビザを申請する
上記(g)と下記書類一式を地方入国管理局へ提出し、在留資格認定証明書を発行してもらう
(h)在留資格認定証明書交付申請書
(i)身元保証書
(j)質問書
(k)戸籍謄本または婚姻受理証明書
(l)課税証明書および納税証明書
(m)住民票の写し
(n)二人が写っている写真


その後、在留資格認定証明書をベトナムに送付し、在ベトナム日本大使館にて、ビザ申請を行う。