ベトナム人妻と40歳からはじめる農業

長崎県壱岐島で40歳から新規就農を目指す記録

更新情報

親戚へ新年の挨拶まわりをしていたら、不思議な楽器を見せてくれた。 ベトナムの民族楽器で「ダンバウ」というらしい。 日本名、「一弦琴」 弦が一本張ってあるだけなんですけど。。 これでどうやって演奏するのか?? 独特な音色。 1000年以上の歴史があって、演奏に
『【ベトナム旅行記7】ベトナムの不思議な民族楽器ダンバウ』の画像

彼女の友人を訪ねてタイビン〜ナムディンへ。 ナムディン省は、タイビン省のとなり。 渡し船で川を渡りながら、刺激的な旅。 道を間違いながら、原付で片道2時間。 道中で立派な教会をときどき目にする。 ナムディン省は、ゴシック建築の美しい教会が多いことで有
『【ベトナム旅行記4】ナムディン省ゴシック建築の教会』の画像

ベトナムのお正月であるテト(tê't)などは、旧暦で行われるため、年ごとに日にちが違う。 誕生日も旧暦で考えると、毎年、誕生日が違うってこと?? 気になったのでメモ。 「旧暦」とは、 以前に使われていた暦法、ということになるので、 そもそも、日本とベトナムで
『【雑多メモ1】旧暦と新暦』の画像

ベトナムでテト(tê't)旧正月を過ごしてみて、使用した挨拶をメモ。 まずは、 ① Chúc mừng năm mới チュック ムン ナン モイ あけましておめでとうございます ② Xin chào シン チャオ こんにちわ あいさつならなんでもいける万能フレーズ。 近所の人同士で、使

ベトナム料理の代表格“フォー” 路上の屋台のお店から立派な作りの専門店までたくさん。 「香川のうどん的」な感覚でしょうか。 どこへいってもハズレは少ないですが、たまに安くて激ウマのお店に当たるとうれしくなります。 特に朝食に当たりを引くと1日幸せな気分に
『【ベトナム旅行記5】ベトナムに行ったら絶対食べたいフォー』の画像

タイビン省タイビン市の中心部から15kmほど離れたところにある“ケオ寺”という寺院に立ち寄りました。 テトにはお祭りが開催されています。 私が訪れたのは、前夜祭的な日だったのですが、すごい人出です。 ケオ寺、、 ベトナムの古代建築様式をもつ代表的な建物。 境
『【ベトナム旅行記3】タイビン省ケオ寺のお祭り』の画像

ベトナムに行くと、日本ではちょっとお高めのフルーツが激安です。 いたるところで売られているため、おやつ感覚で好きなだけ食べることができます。 たとえば、テトの大晦日のカウントダウンの最中でも、通り沿いの果物屋さんではこんな感じ。 今回は、旧正月(テト)
『【ベトナム旅行記2】美味しいフルーツ食べ放題』の画像

ベトナムのお正月であるテト(tê't)を体感しに日本→ハノイ→タイビンへ。 噂どおり賑やかな雰囲気。 年越しカウントダウンパーティーに立ち寄ってみた。 2018.2.15-16   テトには、定番の家庭料理「ソイ ガック(XOI GAC)」を作ります。 ベトナム版赤
『【ベトナム旅行記1】2018年テト(旧正月)』の画像

日本方式の流れと必要書類必要書類必要書類 (a)独身証明書(婚姻状況証明書)ベトナム人配偶者が独身であることを証明する書類ベトナムの役所(人民委員会)で発行してもらうベトナム語表記:GIẤY XÁC NHẬN TÌNH TRẠNG HÔN NHÂNベトナムでの申請時に、日本人側の住所

私の彼女はベトナム人。 外国人技能実習生として来日中に、日本で知り合う。 現在、実習期間終了してベトナムで生活中。 結婚後、日本で一緒に暮らす予定。前回、ベトナム人との国際結婚のいくつかのパターンを説明しました。私たちの場合、私(男)は日本人、彼女はベトナム

↑このページのトップヘ