ベトナム人妻と40歳からはじめる農業

長崎県壱岐島で40歳から新規就農を目指す記録

更新情報

つづき私の恋人はベトナム人女性。実家に遊びに行くことににした。場所は、ベトナム、タイビン省。私にとって、はじめてのベトナム。日本を出てから約30時間ようやく到着。タイビン中心部から、さらに車で30分くらい走ったところ。私の島も田舎だが、ローカルな雰囲気がまた
『【ベトナム旅行記】ベトナムの家庭料理を堪能〜ハロン湾クルーズへ』の画像

私の恋人はベトナム人。 諸事情あって、技能実習期間の3年間を前に、ベトナムに帰ることになった。2017年2月にベトナムに帰国して3ヶ月がたった。
彼女は母親に、“日本人と付き合っていることを話した”というので、これから先のことを考えて、一度ベトナムにあい
『【ベトナム旅行記】はじめてのベトナム 恋人のお宅へご挨拶』の画像


長年、銀行に眠らせてきたなけなしのお金を資産運用するべく、最近、爆発的に高騰中の“ビットコイン”を買ってみようと思いたちました。
むずかしいことは他のサイトを参照してもらうことにして、これから始めようとする初心者に参考になるような簡単で易しい安全な運用

【当サイトに掲載されている広告について】 当ブログでは、第三者配信による広告サービス(Googleアドセンス)を利用しております。 広告配信事業者は、ユーザーに応じた商品・サービスの広告表示のために「Cookie」(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません)

“有機農業”、“オーガニック”について調べていたら、 さらに興味が湧いてきたので、もう少し調べる。 前回の記事はこちら。 今回は、「JAS法」と「エコファーマー」について、 ポイント 「JAS法」とは、 正式には、「農林物資の規格化等に関する法律」 国際

こんにちわ。 わたしは、約15年間、サラリーマンとして働いてきた40歳手前の中年男です。 40才を前にして、ずっと意識してきた「起業」を実行に移そうと企てています。 いわゆる“脱サラ”です。 40歳といえば、人生の折り返しを過ぎ、 いままでは、これから広

最近、消費者の“有機農業”、“オーガニック”への関心度が高まっているのを感じる。 農林水産省が行った調査によると、条件付きを含めると、8割以上の人が、有機農産物を購入したいと回答しているらしい。 これから生産者になるものとしては、非常に興味深い。 取り組む

先日、最近よく目にするキングコング西野亮廣さんの『えんとつ町のプペル光る絵本展in長崎』&トークショーに行ってきたので、感じたことを忘備録をかねて記録。まず、“トークショー”は、こぢんまりした感じで4、50人くらい。会場もなかなかローカル感がでている。西野氏は
『えんとつ町のプペル光る絵本展in長崎』の画像

↑このページのトップヘ